教えてドクター

「緑内障の点眼方法」

教えてドクター(一覧)に戻る

 

緑内障の方たちにとって点眼は大切だと思います。
そこで点眼について意外と知られていない大切なことについて、旭川医科大学 眼科 山口 亨 先生に伺いました。

写真:旭川医科大学 眼科 山口亨先生

目薬の差しかたについて教えてください。
「はい。以下が点眼の際にご注意いただきたい内容です。
  • 点眼前にはよく手を洗いましょう
  • 目薬の先がまつ毛に触れないように注意しましょう
  • 点眼は一回一滴で充分です
  • 点眼後は軽く目を閉じて目頭をおさえてください
  • 目のまわりに残った目薬は拭き取り、手についたら洗い流してください
  • 複数の目薬を使用するときには5分以上間隔をあけてから差してください

図:・点眼前にはよく手を洗いましょう・目薬の先がまつ毛に触れないように注意しましょう ・点眼は一回一滴で充分です ・点眼後は軽く目を閉じて目頭をおさえてください・目のまわりに残った目薬は拭き取り、手についたら洗い流してください ・複数の目薬を使用するときには5分以上間隔をあけてからさしてください  図:1回1滴で十分

なぜ目薬は一回一滴で充分なのですか?
「一般的な目薬の瓶は1回の量が20~50マイクロリットルになるように設定されています。これは目がためることができる水の量よりも多いんです。ですから2滴以上差してもこぼれていくだけなので、一回一滴で充分というわけです。」
点眼後に目頭をおさえた方がよいのはなぜですか?
「みなさん涙を流すと鼻がグズグズしますよね? それは涙が鼻へと流れていくからなのです。目薬も涙と同じく鼻へと流れてしまうのです。ですから目薬が鼻に流れていかないようにするために点眼後は目頭をおさえていただくとよいのです。
目薬を目の表面に長時間貯めておいて吸収をよくしたり、目薬といえど薬ですので体に入ると副作用が起きる場合が考えられますのでそれをおさえるためにもなるべく目頭をおさえるようにしてください。」
あふれた目薬をふきとったり手を洗うのはなぜですか?
緑内障向けの目薬には育毛剤と似ていますので色素沈着を起こしやすい成分が含まれています。あふれた目薬をそのままにしておくと代表的な副作用として、目の周りが黒ずんできたり、まつ毛が長く太くなってきたりします。 拭き取ることによってそれらの症状を予防することができるといわれています。
複数の目薬を点眼するときに5分以上間隔をあけるのはなぜでしょうか?

図:2種類以上の目薬をさす場合、さす間隔が短いと先にさした目薬が後からさした目薬よって流されてしまうため、目の中にしみ込む量が6割程度まで減るといわれています。一般的にさした目薬は2分程度で目からなくなってしまいますので、なるべく2分以上、可能であれば余裕をもって5分以上ということになっています。

「2種類以上の目薬をさす場合、さす間隔が短いと先にさした目薬が後から差した目薬によって流されてしまうため、目の中にしみ込む量が6割程度まで減るといわれています。一般的に差した目薬は2分程度で目からなくなってしまいますので、なるべく2分以上、可能であれば余裕をもって5分以上ということになっています。 ですから1回目の目薬を差したらすぐに次をささずに目を閉じて目頭をおさえて2~3分待ってから次を差すようにするのが理想的です。
ご自身で点眼をなさるのは大変だと思いますが、 緑内障は慢性疾患ですので、日々の点眼等をきちんと続けることが症状の進行を食い止める大切な要素です。ぜひ正しい点眼方法を実践してくださいね。」

ありがとうございました。

教えてドクター(一覧)に戻る